スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤外フィルムモノクロ写真風

昔、まだデジカメなど存在もしていなかった頃の話ですが、モノクロフィルムのいくつかの種類の中で、赤外フィルムというのがありました。
要するに、可視光線よりも波長の長い、赤外線に反応するフィルムです。
このフィルムを使って風景写真を撮ると、普段見ている風景とは違った、独特の世界が撮影できます。
レンズの前にはレッドのフィルターをつけ、紫外線をカットします。
そのため、空は暗く落ちます。反対に、新緑などは赤外線を反射するので、緑の葉っぱが明るく写ります。

現在では、赤外フィルムを購入しようと思ってもなかなか難しいかもしれません。販売中止になった製品もあるようです。それよりも、フィルムカメラを使うこと自体が少ないですよね。

そこで、デジカメで撮った写真を、赤外写真風に加工してみることにいたします。

1)まず普通に風景写真を撮影します。上の説明にありますとおり、空とか木の葉っぱなどを入れると効果的です。
風景写真

2)メニュー→イメージ→色調補正→白黒 を選択します。
白黒

3)レッド、イエロー、グリーンは右側(明るく)に、シアン、ブルーは左側(暗く)にそれぞれスライドします。どの程度動かすかは、画面を見ながら判断してください。
白黒ダイアログ


4)OKボタンを押すと確定します。
白黒写真

5)ちなみに、初期設定のまま白黒にすると、こんなふうになります。上の写真とは全然違いますよねえ。
モノクロ

6)おまけですが、昔のカメラで撮影した雰囲気を出すため、周辺の光量を落とします。
これは、メニュー→フィルター→レンズ補正を選びます。
レンズ補正

7)自動補正タブに「周辺光量補正」というのがありますが、ここはチェックを外してください。なぜかというと、いまからやろうとしていることは、自動補正の動きとは逆方向だからです。
8)カスタムタブに切り替え、「周辺光量補正」の適応量のところを「暗く」(左側)のほうにスライドさせます。
どのぐらい動かすかは、画面を見ながら判断してください。
周辺光量

これで完成です。
完成
スポンサーサイト

レンズ収差→歪曲収差の自動補正

今回は「歪曲収差」の補正をしてみます。
下の画像は、Canon純正 EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS のワイド端18mmで撮影したものですが、かなりタル型に歪んでますね。
赤い線が直線ですので、比較するとよくわかります。
↓画像クリックで拡大
歪曲収差


Photoshopのフィルターの「レンズ補正」を選びます。
今回も、「カスタム」タブではなく「自動補正」タブで、「歪曲収差」というところにチェックを入れてOKボタンを押します。
↓画像クリックで拡大
歪曲収差の自動補正


どうでしょうか?
ほぼ直線になりました。「自動補正」はかなり使えますね。
でもすべての画像に対して“自動一発”とはいかないでしょうね。たまたま今回はうまくいきましたが、画像によっては手動(カスタム)で細かい補正を行わなくてはならない場合もあるでしょう。

さらに、この写真は、レンズをやや下に向けて撮影しているので、上下方向に遠近感が生じ、下すぼまりな写真になっています。通常はあまり気にしないことが多いですが、建築写真などではこのような画像は御法度ですので、昔は「あおり」機能のついたビューカメラ(蛇腹のついたデカいカメラ)を使用していました。しかし昨今のデジタル一眼レフにはあおり機能はありませんし、一部のレンズにティルト&シフト機能がついているレンズがあるぐらいです。
ではどうするか?
Photoshopを使用して「変形」させるのです。
これもやはりフィルターの「レンズ補正」を使用します。
今度は「自動補正」ではなく「カスタム」タブに切り替え、「変形」というところの、「垂直方向の遠近補正」スライダを動かします。画面にグリッドを表示させておいて、それを目安にちょうど良いところまでスライドさせ、OKボタンを押します。
↓画像クリックで拡大
変形


ただし、画像のフチは斜めに切れてしまうので、あとでトリミングをしなくてはなりません。それを想定して、あらかじめ広めに撮影しておきましょう。

あ、それともう一つ重要な項目。
上記では「歪曲収差の補正」と「垂直方向の遠近補正」を、説明のために別々に行っていますが、実際に両方の補正が必要な場合は一度に行ってください。なぜかというと、一度補正を行った画像をさらに補正を行うと、画質が落ちてしまうからです。
例えば上記のようなケースの場合は、「レンズ補正」の「自動補正」タブで「歪曲収差」にチェックを入れ、「カスタム」タブに切り替えて、「垂直方向の遠近補正」スライダを動かして補正を行った後でOKボタンを押すと、両方の補正が一度に行えますので、画質低下は最小限で済みます。

レンズ補正→色収差の補正

比較的値段の安いズームレンズの場合、やはり安いだけのことはあって、いろいろとレンズのひずみなどが画像に反映され、気になるとそこばかり気にしてしまうので、Photoshopを使って直してみましょう。

色収差 元画像
↑画像クリックで拡大
この画像は、某T社の 10-24mm 1:3.5-4.5というレンズ。周辺のレンズ収差がちょっと気になります。
特に、レッド/シアンフリンジ(色収差)が激しいです。

Photoshopのメニュー→フィルター→「レンズ補正」の「自動補正」で「色収差」にチェックを入れます。
上の写真の左端赤枠部分を拡大表示し、補正前と補正後を比較してみました。
↓画像クリックで拡大
色収差補正比較

どうでしょうか?
よく見ると、補正前の赤くにじんでいた部分はだいぶ少なくなっているようです。
「レンズ補正」では「カスタム」でもっと詳細に調整ができるようにもなっていますが、私は「自動補正」でも十分な補正効果は得られると思います。

部分月食を作ってみる。

6月4日の部分月食は、残念ながら徳島では厚い雲に覆われて、見ることができなかったため、しかたなく前回の金環日食同様「ねつ造」してみることにする。

基本的には、金環日食のときと作り方はよく似ている。ただ、今回は夜ということと、月の雰囲気を出すのに少々手間取った。

1)まず、メニュー「ファイル」→新規で新規画面を表示。
2)背景レイヤーを黒で塗りつぶしておく。
3)レイヤーパレットで背景レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、メニュー「フィルター」→描画→雲模様1を選んで雲を作成。
もし雲の形が気に入らないようなら、Ctrl+F(Macの場合はCommand+F)で何度でも雲模様を作ってみる。
雲模様

4)レイヤーパレットにて、この雲レイヤーの描画モードをハードライトに切り替える。
ハードライト

5)これでは雲が少なすぎるので、メニュー「イメージ」→色調補正→トーンカーブで好みの雲になるように調整する。(単純な明るさ補正なら「イメージ」→色調補正→レベル補正でも可)
トーンカーブ

こんな感じで↓
トーンカーブで修正

6)これでもOKだが、夜の雰囲気を出すために、若干雲に青みの色をつける。
レイヤーパレットの雲レイヤーを選択状態で、メニュー「イメージ」→色調補正→色相・彩度を選び、右下の「色彩の統一」チェックボックスをオンにし、各スライダーを調整して好みの色に調整する。
色相・彩度

こんな感じで↓
雲模様青

7)次に、レイヤーパレットにて、新規レイヤーを作成。
8)ツールボックスの描画色を白に変更
9)ツールボックスの楕円形ツールを使用して画面上に適当な大きさで白い丸を描く。
10)レイヤーパレットにて、その白丸レイヤーを雲レイヤーよりも下に移動。
白い月

11)少し光彩をつけるため、レイヤーパレットにてこの白丸レイヤーを複製する。
12)複製した白丸を、メニュー「フィルター」→ぼかし→ぼかし(ガウス)で適当にぼかし、不透明度80~85%程度で上にかぶせる。
白い月ぼかし

13)月面模様を作成するため、レイヤーパレットにて新規レイヤーを作成し、メニュー「フィルター」→描画→雲模様1を選ぶ。
14)メニュー「編集」→自由変形で、月の大きさまで縮小し、位置や角度を調整して確定させる。
15)ツールボックスの消しゴムツールで、今作成した月面模様の、月のまわりにはみ出した部分を消す。このとき、ブラシサイズはやや大きめの、ぼけたブラシにするとよい。消す部分はぎりぎりではなく月の少し内側まで消すと雰囲気が出る。
16)レイヤーパレットにて、描画モードは「比較(暗)」にする。
月面模様

17)「食」を作るため、レイヤーパレットにて、今作成した月面模様の上に新規レイヤーを作成する。
18)ツールボックスにて、描画色を黒にし、楕円形ツールで適当な大きさ(月の1.5倍ぐらい)の黒丸を描く。
黒丸追加

19)この黒丸を、メニュー「フィルター」→ぼかし→ぼかし(ガウス)で、適度にぼかす。
20)レイヤーパレットで、黒丸レイヤーの描画モードは通常のままで、不透明度を90%程度にすると、月食の雰囲気が出る。
黒丸不透明度

20)これでほぼ完成だが、若干月を黄色っぽく色づけしたほうが雰囲気が出るかもしれないので、月レイヤーを複製して、レイヤーパレットの描画モードはソフトライトにする。メニュー「イメージ」→色調補正→色相・彩度で、右下の「色彩の統一」のチェックボックスをオンにし、各スライダーを動かして好みの色に調整する。

完成

完成。


「色相・彩度」の使い方と、「描画モード」がキモとなる。この2つの調整や選択次第では全然違うイメージの画像に仕上がるので、いろいろ試行錯誤を繰り返してみるとよい。

金環日食を作ってみる。

ほんとはこんなニセモノを作ってはいけないのかもしれないけど、本物を見逃してしまった私としては、こうでもせずにはいられない。(笑)

1)まず、メニュー「ファイル」→新規で新規画面を表示。
2)ツールボックスの描画色を黒、背景色を白にしておき、メニュー「フィルター」→描画→雲模様1を選ぶ。
このとき、雲模様の形が気に入らなければ、Ctrl+F(Macの場合はCommand+F)で何度でも雲模様を作ってみる。
雲模様1


3)新規レイヤーを追加。
4)描画色を白に変更し、ツールボックスの「楕円形ツール」を使用して、任意の場所に白い○を描く。
白い太陽


このままだと普段の太陽なので、金環日食にするために、円形に切り抜く。
5)楕円形選択ツールで画面上の太陽の適当な位置に選択範囲を作成。このとき、どんぴしゃの金環日食にするよりも、少し中心をずらしたほうがそれっぽく見える。
選択範囲


6)レイヤーパレットで、太陽レイヤーが選ばれていることを確認してから、「Delete」ボタンを押す。
金環日食


7)このままでは、雲よりも手前に太陽が来ているように見えて、「そんな馬鹿な!」写真になってしまうので、レイヤーパレットの太陽レイヤーを選択したまま、レイヤーパレット上部にある「描画モード」プルダウンメニューから「オーバーレイ」を選ぶ。
オーバーレイ


8)このままでも雰囲気は充分出ているが、さらに太陽レイヤーの複製レイヤーを作り、メニュー「フィルター」→ぼかし→ぼかしガウスを選び、適当な量でぼかす。描画モードは「通常」にして不透明度を40%程度にする。
金環日食ぼかし

9)雲の色を変えてみる。雲のレイヤーを選択し、メニュー「イメージ」→色調補正→色相・彩度で、右下の「色彩の統一」にチェックを入れ、色相や彩度や明度をいろいろいじってみて、イメージに合うような色調に変える。
色相・彩度


セピア調

10)最後の仕上げに、メニュー「フィルター」→レンズ補正で、「カスタム」タブに切り替え、周辺光量補正の適用量を-100(暗く)、中心点を+25(これは任意です。見た目で判断)にしてOKボタンを押す。
周辺を暗く

11)雲のモヤモヤの位置と太陽の位置の関係で、微妙にイメージが変わるので、レイヤーパレットの太陽レイヤーと太陽のぼかしレイヤーとを選択して、移動ツールで少し太陽を動かしてみる。
移動


完成。

今回は、一番最初に雲を作成したわけだが、雲の形によってはイメージが変わるので、別のファイルで雲だけ少し大きめに作っておいて、最後に大きさや位置関係を調整しながら太陽と合成した方が良いかも?
プロフィール

あわの豆おやじ

Author:あわの豆おやじ
Photoshopの職人、あわの豆おやじが、様々な画像加工に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。